/

この記事は会員限定です

オーロラ生む電子 オゾン層破壊の要因か

極地研など

[有料会員限定]

南極や北極の上空で幻想的なオーロラを輝かせる高エネルギーの電子が、成層圏近くまで降り注いでいることを国立極地研究所と金沢大学、名古屋大学などのチームが突き止めた。高エネルギーの電子は成層圏のオゾン層破壊を招いているとみられ、その仕組みの解明につながる成果という。

オーロラは宇宙から地球に降り注ぐ電子が、高さ100~300キロメートルで薄い大気の原子や分子にぶつかり発光する。さらに高いエネルギーをも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り408文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン