/

この記事は会員限定です

究極の黒 求めて

光のむ新材料 産業応用探る

[有料会員限定]

光をよく吸収する物質ほど黒く見える。材料開発の分野では光を100%吸収してしまう究極の黒色を求める研究が続けられ、最近この目標に近づく成果が相次いで登場している。メートルなど単位の基準のように光の強さの基準を作る目的で始まった研究だが、実用面でも注目されだした。望遠鏡などの光学機器や装飾品などに応用する機運も高まっている。

2019年9月にドイツ・フランクフルトで開かれたモーターショーで、BMWが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン