ムヌーシュキン、鋭い批評的言語

2019/12/7付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

フランスの世界的演出家アリアーヌ・ムヌーシュキン氏が京都賞受賞のため来日し、11月13日、東京の早稲田大学でシンポジウムに参加した。80歳の今も、鋭い批評的言語が印象的だった。

ムヌーシュキン氏は1964年に太陽劇団を結成し、パリの弾薬庫跡を本拠にスペクタクル性の高い話題作を連発してきた。裏方と俳優との垣根をなくした平等の精神に基づく集団創作で知られる。井深大ホールでのシンポジウムでは、古典への…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]