「ネット処方薬」普及遠く
特区で解禁1年強 要件煩雑、利用わずか16人

2019/12/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

インターネットで服薬指導を受け、自宅から処方薬(きょうのことば)を購入する制度の普及に黄信号がともっている。厚生労働省は薬剤師が対面販売する規制を緩和し、2020年度にもオンラインの指導を介した「ネット処方薬」の解禁を見据える。ただ先行実施した国家戦略特区の利用者は開始から1年強で16人どまりで、登録した薬局数29店より少ない。要件が煩雑で利便と逆行するルールもある。制度の浸透は医療費抑制につな…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]