羽生ミス、SP2位
GPファイナル 着氷乱れ減点「情けない」

2019/12/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

【トリノ=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは5日、トリノで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で男女を通じて史上初の5度目の優勝を目指す羽生結弦(ANA)は4回転トーループからの2連続ジャンプができず、97.43点で2位となった。

3連覇が懸かるネーサン・チェン(米国)は4回転ルッツなど3つ全てのジャンプを決め、110.38点で首位発進した。

2006年トリノ冬季五輪会…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]