/

この記事は会員限定です

需給情報、株相場読むカギ

「誰が」「いつ」「どれだけ」影響

[有料会員限定]

米中貿易摩擦を巡る思惑や懸念で日本株相場が揺れている。年末や来年の相場動向を考えるうえでヒントになるのが、誰が売ったり買ったりしているかを示す「需給情報」だ。株式市場には個人投資家だけでなく、海外投資家や金融機関、投資信託など様々な参加者がいる。各参加者がどんな売買行動をしているか、需給情報を読み解くポイントをまとめた。

11月27日、「東証1部への移行基準が緩和される」との報道をきっかけに東証2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン