「あおり運転罪」新設へ 警察庁、免許を即取り消し

2019/12/6付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

警察庁は6日、道路交通法を改正して「あおり運転」を新たに定義し、罰則を設ける方針を固めた。1回の違反で免許を取り消すほか、暴行罪(2年以下の懲役など)より重い罰則を科すことも検討している。来年の通常国会への道交法改正案の提出を目指す。

通行を妨害する目的で車間距離を詰めたり、急ブレーキをかけたりして交通の危険を生じさせるなどの行為を「あおり運転罪」として規定する。高速道路上で他の車を停止させるな…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]