対策、欧米に見劣り トップの関与不可欠

2019/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

サイバー訓練を広げるうえで課題となるのが予算の確保だ。金融やITなど意識の高い業界を除き、多くの日本企業のサイバー対策予算は潤沢ではない。

KPMGコンサルティングの17年の調査によると、売上高500億円以上の企業の47%が、サイバー対策に年間1000万円未満しか投資していなかった。相応の規模の企業でも、1人当たり数十万円かかる訓練を何度も受ける余裕はなさそうだ。大手よりもさらに予算の制約が厳し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]