春秋

2019/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

一丁目一番地――。政治ニュースを中心によく耳にする。優先事項とか重要案件の意味で、規制改革はわが成長戦略の一丁目一番地だ、という具合に使われる。2026年度、その政治の中枢、永田町の一丁目一番地にあらたな建物がお目見えする。新国立公文書館だ。

▼各省庁の公文書を保管する機関で、いまの施設がほぼ満ぱいのため計画された。憲政記念館が立つ敷地が選ばれ、このほど内閣府が示した基本設計によれば、建物は建てか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]