/

この記事は会員限定です

マラソン経路の後半決まらず 札幌市・世界陸連、すれ違い

五輪「レガシー」活用/人員配置抑制

[有料会員限定]

2020年東京五輪のマラソン会場が札幌市に変更されて1カ月が過ぎたが、いまだにコースが固まらない。4日に42.195キロの前半20キロ分は決まったが、後半22.195キロ分は継続協議となった。背景には、札幌市など日本側と陸上の国際統括団体、ワールドアスレチックス(世界陸連)の思惑の違いがある。

「あと20キロで結論がまだ出ていない」。大会組織委員会の森喜朗会長は4日、スイス・ローザンヌで開かれた国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン