物流版ウーバー、アジアで陣取り
ゴーゴーバンやララムーブ 小口搬送取り込み成長

2019/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【香港=木原雄士】アジアで「物流版ウーバー」といわれる貨物運搬の仲介サービスが広がってきた。スマートフォンのアプリを通じて荷主とドライバーを結びつける仕組みで、物流網が未整備のアジアでネット通販の普及に伴い需要拡大が続く小口・多頻度の搬送の受け皿になっている。香港のゴーゴーバンやララムーブなどいずれも新興勢ながら既に東南アジアなどへ進出を加速し、競争は激しさを増している。

香港の街中では「GOG…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]