/

この記事は会員限定です

「高額報酬に社会的責任を」 ダボス会議で来月議論か

[有料会員限定]

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のニューズレター「モラル・マネー」12月4日号では、2020年1月開催のダボス会議で、資本主義の修正や企業の役割の見直しなどが議題に上る可能性が高いことについて論じた。主な内容は以下の通り。

20年、欧米のビジネス業界に正反対の考え方を指南した2つの事象が「50周年」を迎える。1つ目は1970年に経済学者ミルトン・フリードマンが「企業の唯一の目的は株主価値を最大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り657文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン