/

この記事は会員限定です

サイゼリヤ 中国で旋風

低価格メニュー「ライバルの7割引き」 海外利益、日本との逆転視野

[有料会員限定]

サイゼリヤがグローバル化を進めている。2019年8月期は海外店舗が稼いだ営業利益が前の期比2割増えた。連結全体に占める割合は46%と日本との逆転が視野に入ってきた。中国では日本で受け入れられた低価格の洋食店として人気を集め、利益率も上昇基調だ。日本発のイタリアンが世界で受け入れられれば、株式市場の低評価を覆すきっかけになる。

「(価格は)およそピザハットの7割引きで収益が立つようにしている」。堀埜一成社長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン