地銀運用、地方債にシフト マイナス金利で国債離れ
10月保有残高、過去最高の15兆円

2019/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

地方銀行が地方債への傾斜を強めている。地方銀行・第二地方銀行103行の10月の保有残高は約15兆円と過去最高となった。マイナス金利政策導入前の2015年末と比べると43%増えた。資金の運用先を国債よりも利回りが高い地方債に振り向けているためだ。投資の集中で価格が上がっている。今後、価格が下がれば、地銀が含み損を抱える恐れがある。

日銀によると10月末の保有残高は15兆2700億円。前年同月比で1…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]