/

この記事は会員限定です

北大、最短5年で教授に

新制度で若手育成、研究費には補助 准教授20人採用計画 有望な人材囲い込み

[有料会員限定]

北海道大学(札幌市)は20~30代の研究者を准教授として採用し、最短5年で教授に引き上げる人事制度を創設した。現在の教授陣は50代以上が大半で、登用までの年数に体系的なルールはない。年間で最高500万円程度と従来に比べれば破格の研究費補助も組み合わせ、2021年度までに20人の採用を計画する。

新制度「アンビシャス若手人材育成システム」は、北大が強みを持つ研究実績や財務情報などあらゆる学内データを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン