/

この記事は会員限定です

春秋

[有料会員限定]

「知らずしてわれも撃ちしや春闌(た)くるバーミアンの野にみ仏在(ま)さず」。私たちの胸に響く上皇后美智子さまのあまたの秀歌のなかでも、屈指の絶唱だろう。2001年、アフガニスタンのイスラム原理主義組織は貴重な石仏遺跡を破壊した。その無残な光景を詠まれた。

▼「われも撃ちしや」とは一体、何を意味するのか。もし、人間に宿る憎しみや不寛容によって仏像が破壊されたとしたら……。私の心のなかにも他者を傷つける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン