/

この記事は会員限定です

中村哲医師、アフガンで銃撃され死亡

人道支援活動中

[有料会員限定]

アフガニスタン東部ナンガルハル州で4日、医療や灌漑(かんがい)事業などの人道支援に取り組む非政府組織(NGO)「ペシャワール会」(福岡市)の現地代表、中村哲医師(73)が銃撃され死亡した。同州の報道官によると、中村さんのボディーガードや運転手ら5人も死亡した。(関連記事を社会2面に)

ペシャワール会によると、中村さんらは東部の都市ジャララバードから車で灌漑事業の現場に向かう途中で襲撃された。中村さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り207文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン