スイッチ、中国正規販売 任天堂テンセントと市場開拓

2019/12/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

任天堂は4日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を10日に中国で発売すると発表した。現地のIT(情報技術)大手、騰訊控股(テンセント)と正規販売代理店契約を結び、成長市場を開拓する。価格は2099元(約3万2千円)。過去に2度、自前で中国に進出して失敗した教訓を生かし、今回はテンセントと組んで「三度目の正直」に挑む。

4日、アリババ集団など大手電子商取引(EC)サイトで予約受け付けを始めた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]