/

この記事は会員限定です

英アームの中国合弁膨張

人員倍増、独自技術開発急ぐ 半導体強化に政府の思惑も

[有料会員限定]

【台北=鄭婷方、伊原健作】英半導体設計大手アーム・ホールディングスの中国合弁会社が業容を膨張させている。人員を1年半で倍増させ、セキュリティー関連など独自技術の開発を急いでいる。2025年に売上高で英本体超えを目指すほか、株式上場する構想もある。同合弁会社の実質株主には中国政府系ファンドが名を連ねる。対米摩擦が激化するなか、自国の半導体産業を強化したい中国の思惑も垣間見える。

アームはモバイル機器...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン