高島屋、上海店黒字化メド
23年2月期、「日本」強みに品ぞろえ 賃借料下げ決め手に

2019/12/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

高島屋は中国の上海店を3年後の2023年2月期に営業黒字に転換させる計画だ。業績不振で今年8月の閉店を決めていたが、賃借料が引き下げられ黒字化の見通しがたった。「日本」をテーマにした品ぞろえで売り上げを回復させる。ベトナムの店舗は今期中にも営業黒字になる可能性があり、海外4カ国の店舗がすべて利益を稼ぐ体制にして成長の軸足を国内から海外に移す。

村田善郎社長が明らかにした。上海店は6月の取締役会で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]