話題の株サインポスト、無人決済店舗の出店増好感 業績貢献には100店舗の壁も

2019/12/5付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

4日の東京株式市場でシステム開発を手掛けるサインポスト株が約2カ月ぶりの高値をつけた。大引けで前日比400円(22%)高の2247円をつけ、制限値幅の上限(ストップ高水準)になった。3日、JR東日本子会社との共同出資会社が無人決済店舗を駅構内に出店すると発表。今後も別の駅で出店が続くとの期待が膨らみ個人投資家などの買いが集中した。

値上がり率は東証1部でトップ。売買代金は17億円と前日の約21倍…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]