/

この記事は会員限定です

貿易協定カバー 日本5割に

日米協定、来月1日発効 車の関税撤廃は宿題

[有料会員限定]

日米貿易協定が4日の参院本会議で承認された。9月下旬に合意した関税の削減・撤廃の内容が来年1月1日から順次適用になる。政府が70%を目標とする経済連携協定(EPA)締結国との貿易額が日本の貿易総額に占める割合(EPAカバー率)は約37%だったが、日米協定を加えると約52%に高まる。ただ日本から米国への自動車と同部品の関税削減・撤廃は今後の交渉課題として残る。

日米協定は従来のEPAより交渉範囲が狭...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1109文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン