/

この記事は会員限定です

金融庁検査見直し、地銀に重圧

マニュアル廃止に戸惑い

[有料会員限定]

金融庁が12月中に金融検査マニュアルを廃止することを受け、地方銀行に困惑が広がっている。マニュアルの廃止は、財務内容に応じた融資先の格付けや、貸し倒れに備えた引当金の算出に関する画一的なルールを見直し、引き当てを柔軟にする狙いがある。ただ会計監査でどこまで認められるかは不透明で、地銀は二の足を踏んでいる。

「一定の目安がないと引き当ての判断が難しい」。金融庁が秋以降に全国各地で開いている行政方針の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン