/

この記事は会員限定です

社外取、問われる成果 改正会社法が成立

設置を義務化、経営チェック機能で真価

[有料会員限定]

会社の基本的な仕組みを定める改正会社法が4日の参院本会議で可決、成立した。上場企業で先行している社外取締役の設置が義務付けられる。今後は不祥事への対応やM&A(合併・買収)などコーポレートガバナンス(企業統治)が求められる局面で、経営陣から独立した社外取締役が「いる」だけではなく「働く」存在になれるかどうかが課題となる。

社外取締役の設置が義務になるのは(1)監査役会を置き、株式の譲渡制限がない(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン