太平洋戦争 米兵弔う歌碑 和歌山、B29墜落地付近に設置

2019/12/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

和歌山県田辺市竜神村殿原の国道脇に11月、「殿原の祈り」と名付けられた歌碑が建てられた。付近の山中には太平洋戦争時、日本軍に攻撃された米軍のB29爆撃機が墜落した。殿原地区では毎年、死亡した搭乗員らの慰霊祭を開いており、歌碑は慰霊碑のそばに建立。平和を願う住民の思いが込められている。

歌碑の設置は、同地区に住む元中学校教諭、古久保健さん(82)が代表となって進めた。国民学校(現在の小学校)の2年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]