/

この記事は会員限定です

デジタル金融で合従連衡加速

三菱UFJ、リクルートと共同出資会社

[有料会員限定]

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は2020年にリクルートと共同出資会社を設立する。飲食店予約などに強みがあるリクルートと組んでデジタル通貨を発行し、スマートフォン決済サービスに参入する。三菱UFJは銀行法の枠組みでは機動的なビジネスが難しいと判断した。単独路線を転換し、連携にかじを切る。今後も既存の銀行と異業種との合従連衡が加速しそうだ。

新会社は「資金移動業者」とし、決済や送金サービスを展開する。リクルートが過半の51...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン