グローバルウオッチ産業遺産巡る旅に脚光
インドネシア

2019/12/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

インドネシアで炭坑跡や工場跡などの産業遺産に注目が集まっている。7月にはスマトラ島中部サワルントの炭坑跡が世界文化遺産に認定された。ジョコ政権が観光立国を目指して各地で観光開発を進めていることもあり、インドネシアの産業史を巡る旅もにわかに活気づいている。

西スマトラ州の州都パダンから90キロメートルほど離れた山あいの小都市、サワルントに7月、突然スポットライトが当たった。アゼルバイジャンで開かれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]