改正会社法が成立 社外取締役設置を義務化

2019/12/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

政府が今国会の重要法案とした改正会社法は4日午前の参院本会議で可決、成立した。上場企業の社外取締役の設置義務化や、株主総会資料のオンライン提供の導入を柱とする。役員報酬の透明化を図る方策も盛り込まれた。日本の企業統治(コーポレート・ガバナンス)を強化し、海外から投資を呼び込む狙いがある。

改正会社法は与野党の賛成多数で可決、成立した。

改正会社法は商業登記法など計91本の法律を一括で改正する。総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]