春秋

2019/12/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

明治・大正期に日銀本店本館や東京駅の赤れんが駅舎を設計した辰野金吾は、耐震建築の草分けでもあった。地震の多いイタリアの視察もしている。没後100年を記念して都内の日銀貨幣博物館が開いている特別展からは、彼が現地で詳細な調査をした様子がわかる。

▼訪れたのはナポリ湾に浮かぶ火山島、イスキア島だ。各種の石造の建物や、部材をボルトで結合した構造などを図解しながら記録した。だが、辰野の評価は高くなかったと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]