デジタル課税 摩擦激化 国際ルールで主導権争い
米、仏に報復関税表明 「GAFA差別」伊・トルコにも圧力

2019/12/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

トランプ米政権は2日、フランスのデジタルサービス税を「米企業への不当な差別税制」と断じ、2020年1月にも報復関税を発動すると表明した。イタリアやオーストリア、トルコの同様の税も不当として調査を検討する。米国を含む主要国はデジタル分野の国際課税ルールづくりを急ぐが、主導権争いによる摩擦が激しくなっている。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]