/

この記事は会員限定です

環境未来(松本市) ダイオキシン分析参入

人材育成、海外大学と協定

[有料会員限定]

環境・食品衛生分野で測定・検査サービスを手がける環境未来(長野県松本市)が10月下旬、県内初のダイオキシン測定分析の事業者として認定・登録された。これを機に、超微粒物質の測定・検査事業を強化する。さらに、インドネシアの大学からインターンシップを受け入れ、技術人材の育成も急ぐ。

「これまでとは責任の重さ、信頼性が違ってくる」と身を引き締めるのは環境未来の佐倉正晃社長だ。独立行政法人の製品評価技術基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン