私の課長時代南米赴任、初年度受注ゼロ 丸一鋼管会長 鈴木博之氏(上)

2019/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
  ■1973年、住友商事でプラント設備の輸出を担当していた鈴木博之会長はブラジルの現地法人に配属された。

入社5年目で主に製鉄所向け設備を手がける部門を立ち上げました。役職は現法の取締役ですが、部下は新人の若い日系人2人のみ。どちらも営業経験がありませんでした。機械の知識を学んでもらい、日本本社の窓口担当とやりとりできるよう育てました。

引き継ぎはなく取引先も全て新規開拓です。入札案件選びを現地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]