新車販売、11月12.7%減

2019/12/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

自動車の業界団体が2日発表した11月の国内新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月比12.7%減の38万5859台だった。消費税率の引き上げや災害が響いた10月より減少率は縮まったが、14年4月の前回増税時より落ち込みが大きい。主要な百貨店も11月の売上高が前回の増税時より厳しく、底堅かった内需が勢いを欠いている。

日本自動車販売協会連合会(自販連)によると、11月の登録車販売は前年同月比14.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]