春秋

2019/12/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

球界のご意見番、張本勲さんとダルビッシュ有投手の舌戦をご記憶の方もおられよう。今年夏の甲子園の岩手県大会決勝。大船渡高校の監督は、最速163キロの佐々木朗希投手の連投を回避した。「絶対に投げさせるべきだ」「いや、若者の未来を守る勇気ある行動だ」

▼日本高校野球連盟は、大会期間中の1週間の1人の投手の球数を「500球以内」に制限する方針を決めた。昨年夏の甲子園で準優勝した秋田・金足農高の吉田輝星投手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]