「できれば転勤したくない」4割 介護や教育が困難に

2019/12/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

労働政策研究・研修機構が従業員300人以上の企業1万社に行った2016年の調査では、33.7%の企業が「正社員のほとんどが転勤の可能性がある」と回答した。また76.4%が期間や時期などのルールを規定していなかった。

同機構が転勤経験者8万人に聞いた調査では、約4割が「できれば転勤したくない」と回答。「介護」や「教育」が困難との回…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]