ユニファ、保育士IoT支援

2019/12/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ユニファ(名古屋市)はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術で保育や子育てを支援している。保育士は書類の処理などに追われ、子供と向き合う時間が足りていないという。離職を招いているといわれ、土岐泰之最高経営責任者(CEO)は「本来の仕事に専念できるようサポートする」と話す。

保育園に提供する機器「ルクミー午睡チェック」は園児の衣服にセンサーを付け、寝ているときの体の向きを検知する。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]