「高齢フリーランスと継続的契約を」 70歳就業 厚労省が具体案

2019/11/30付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

厚生労働省は29日、希望する高齢者が70歳まで働き続けられるよう企業に求める対応について具体案を示した。定年後に高齢者が起業したり、フリーランスとして働いたりする場合には、企業が継続的に業務委託する制度を設けることなどを盛り込んだ。社会貢献活動に従事する場合にも企業が報酬を支払うべきだとした。

年内にもとりまとめ、2020年の通常国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]