/

この記事は会員限定です

「飛び恥」は地球を救えるか

論説委員 西條都夫

[有料会員限定]

企業の存在目的を「顧客の創造」と定義したのはピーター・ドラッカー氏だが、中には例外もあるようだ。KLMオランダ航空が最近つくった「責任ある航行」という広報ビデオには「飛行機の代わりに電車で移動することはできませんか?」「いつも直接会って話をする必要がありますか?」というセリフが飛び出す。飛行機をやめて、鉄道やテレビ会議をもっと活用しようという呼びかけだ。「顧客の創造」や「需要喚起」とはまったく逆の、航空会社が絶対に口にしそうにない奇妙なメッセージである。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン