/

この記事は会員限定です

(221)英語民間試験の導入

格差と教育現場 配慮せず

[有料会員限定]

「過ちては則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」という言葉があります。過ちを犯したと気づいたら、ためらわずに改めなさい、ということです。

今回は萩生田光一文部科学相が「身の丈に合わせて」と発言したことで、英語の民間試験を導入することにどんな問題があるか、誰にも明確にわかったのではないでしょうか。本質を衝(つ)いた失言というか発言だったのです。

その結果、導入は延期になったのですか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン