膵臓がんの実験モデル、ショウジョウバエで

2019/12/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

■北海道大学 遺伝子病制御研究所の園下将大教授らは、ショウジョウバエを使って膵臓(すいぞう)がんの実験モデルを作製した。膵臓がんに深く関わるとみられている4つの遺伝子を変異させた。既存薬や新薬候補物質から膵臓がん治療に適した薬の選別に活用する。

研究が順調に進み治療薬候補が見つかれば、2021年以降に北大病院と連携して臨床研究に乗り出す。

膵臓がん患者に特徴的な「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]