/

この記事は会員限定です

膵臓がんの実験モデル、ショウジョウバエで

[有料会員限定]

北海道大学

 遺伝子病制御研究所の園下将大教授らは、ショウジョウバエを使って膵臓(すいぞう)がんの実験モデルを作製した。膵臓がんに深く関わるとみられている4つの遺伝子を変異させた。既存薬や新薬候補物質から膵臓がん治療に適した薬の選別に活用する。

研究が順調に進み治療薬候補が見つかれば、2021年以降に北大病院と連携して臨床研究に乗り出す。

膵臓がん患者に特徴的な「KRAS」「TP5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン