/

この記事は会員限定です

貿易と雇用の関係を分析

慶応義塾大学教授 土居丈朗

[有料会員限定]

日韓の輸出管理問題での対立が浮き彫りになり、来月に欧州連合(EU)離脱を争点とした英国の総選挙を控え、米大統領選挙まで残り1年を切った中、国際貿易が政治の影響を強く受ける時節となっている。以前は関税削減や貿易円滑化などが活発に進められてきたが、近年では貿易制限的な政策が目立っている。

その背景に移民問題と並び中国などの低所得国からの輸入増加が製造業の雇用を大きく減少させたことによる、労働者らの不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2223文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません