/

この記事は会員限定です

米中対立に新たな火種 米、香港人権法が成立

貿易交渉に波及も

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史、香港=木原雄士】トランプ米大統領は27日、香港での人権尊重や民主主義確立を支援する「香港人権・民主主義法」に署名し、同法が成立した。中国は「内政干渉」と反発し、報復措置をとる構えを見せる。米中の対立は貿易やハイテク分野から人権問題に拡大して複雑さを増している。部分合意へ大詰めを迎えていた貿易交渉にも暗雲が垂れこめてきた。

(関連記事総合2国際1面に)

同法は香港に高度の自治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン