/

この記事は会員限定です

柳井会長「ユニクロ、原点はVAN」

創業者の息子と語る 柳井氏「定番少し今日風に」/石津氏「素材で飽和を打開」

[有料会員限定]

ボタンダウンやチノパンなど、時代を超えて受け入れられる服を「定番」と呼ぶ。アパレル不況下にあって、ユニクロを展開するファーストリテイリングは定番品を今日風に刷新し続けながら業容を拡大してきた。柳井正会長兼社長が商品の基本を学んだのが往年のブランド「VAN(ヴァンヂャケット)」。今売れる服を追求する柳井氏と、日本に数々の定番を紹介した旧ヴァンヂャケットの元副社長で服飾評論家の石津祥介氏に、商品や情報発信の絶えざる革新につ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン