英離脱できしむ独仏関係
チーフ・フォーリン・アフェアーズ・コメンテーター ギデオン・ラックマン

2019/11/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

筆者が11月初め、ベルリンのある独政府高官の執務室を訪ねると、「ドイツにビザなしで来るのはこれが最後ですね」という冗談で迎えられた。とげのある挨拶だったが、英国やジョンソン英首相への敵意は感じなかった。むしろドイツが今、最もいら立ちを感じているのは、フランスのマクロン大統領だ。

これは、筆者が知る独政府関係者たちが突如、ジョンソン氏は素晴らしい人物で、英国の欧州連合(EU)離脱は素晴らしいという…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]