/

この記事は会員限定です

低格付け債バブルが変調 元本割れ相次ぐ、世界経済にリスクも

[有料会員限定]

世界の金融市場で膨らんでいた低格付け債(総合2面きょうのことば)バブルに変調の兆しが出ている。過剰債務を抱える企業が発行した社債が値下がりしている。ソフトバンクグループ(SBG)が投資するシェアオフィス運営の米ウィーカンパニーの社債価格は元本の7割まで下がり、資金調達コストが急上昇している。債務拡大による積極投資をテコに成長してきた企業から投資家が資金を引き揚げているためだ。今後、景気後退でこうした企業の債務不履行(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1142文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン