大気の可視化、政策に一石 ブリゾメーターCEO ラン・コルバー氏

2019/11/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

――地球規模の大気の質をピンポイントで測るのは困難でした。

「ここ数年で膨大なデータが入手可能になり、空気の中身を数値化できるようになった。各国政府が観測センサーを拡充し、欧州連合の人工衛星情報なども民間企業がアクセスできる。各都市で交通量を計測する会社も増え、汚染物質の排出推定に役立っている」

「我々は世界約5万個のセンサーや衛星情報、提携企業などから気象、火災、花粉などのデータを収集。毎時約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]