東海第2原発 合格から1年(上) 再稼働に向け準備
地元の合意形成進まず

2019/11/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

原子力規制委員会が日本原子力発電東海第2原子力発電所(茨城県東海村)に対する一連の安全審査で合格を出してから1年がたった。資金支援やテロ対策施設の整備計画など再稼働に向けた作業が進む。一方、地元では原電と結んだ新安全協定の運用方法をはじめ進展がなかなか見えない。東海村の山田修村長が専門誌の対談で再稼働容認とも取れる発言をし、一部で波紋も呼んでいる。

原電は2月下旬に再稼働を目指す考えを表明して以…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]