駅直結のコワーキングスペース(ワークラボ八ケ岳) 入居者と交流、課題解決も

2019/11/28付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

八ケ岳や白樺湖などの玄関口として地元住民や観光客などが行き交うJR茅野駅(長野県茅野市)。改札がある2階と直結する商業ビルに入ると、木材の壁が象徴的な「ワークラボ八ケ岳」が現れる。同市が整備したコワーキングスペースで、スタートアップ企業などが入居。多様なイベントや地元大学生らとの交流を通じて新たなまちづくりの形を発信している。

「他の入居者の皆さんとの交流がビジネスに役立っています」。ワークラボ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]