読書日記エコノミスト 猪俣哲史(1) 『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』 舞台裏に知的興奮

2019/11/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

英国の作家トム・ストッパードによる1966年の戯曲作品(小川絵梨子訳、ハヤカワ演劇文庫)。シェイクスピア『ハムレット』の脇役であるローゼンクランツとギルデンスターンの雑魚キャラ・コンビが、この本では主人公となり、『ハムレット』の物語を彼らの視点で語る。

よく知られた物語の裏バージョンというのは数多く作られている。しかしこの作品の巧みなところは、原典『ハムレット』の断片を、台詞(せりふ)も含めて忠…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]