2020年のマイルス・デイヴィス(4)柳楽光隆
ヒップホップ融合 志半ば ハンコックやグラスパーが受け継ぐ

2019/11/27付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

最晩年、マイルス・デイヴィスは大きな挑戦をしていた。1980年代の「ユア・アンダー・アレスト」「TUTU」でプリンスやマイケル・ジャクソンを意識し、音楽ユニットのスクリッティ・ポリッティを起用してヒップホップに目をつけた。パブリック・エネミーのチャックDやフレイヴァー・フレイヴともコンタクトを取り、独自のヒップホップ創出を画策した。

しかし、91年にマイルスは亡くなる。遺作「ドゥー・バップ」は残…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]